持続陽圧呼吸(CPAP)療法
※保険適用可

上気道を常に陽圧の状態に保ち気道を広げることで、無呼吸の発生を防ぐSASの代表的な療法です。睡眠時に鼻マスクを装着し、小型の装置からチューブを経由して加圧した空気を常に送り込むことにより実現します。

装置はレンタル可能で、自宅で継続的に行える療法であり、現在、最も多くの患者さまが実施されています。

無呼吸の発生がなくなるため、治療第一夜から効果を体感でき、また心疾患、脳卒中などのリスクも軽減されます。

睡眠時無呼吸症候群の検査と治療へ戻る



耳鼻咽喉科 はっとりクリニック  岐阜県岐阜市鏡島精華2丁目4−25
TEL 058−252−3200


禁無断転載 Copyright © Hattori Clinic. All rights reserved.